2ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

続けて書こう一行リレー 2ちゃん神話

1 :名無し:01/10/03 11:41
はじめに混沌とひろゆきだけがあった。

2 :天之御名無主:01/10/03 16:27
そして誰もいなくなった

3 :天之御名無主:01/10/03 16:53

次に「うそつき」がうまれた。

4 :天之御名無主:01/10/03 17:46
そして「ネタ」がうまれた。

5 :天之御名無主:01/10/03 18:45
そこに一匹の猫がやってきた。

6 :天之御名無主:01/10/03 19:24
名前をモナーといった。丸耳だった。

7 :天之御名無主:01/10/03 19:31
モナーは言った。

8 :天之御名無主:01/10/03 21:12
「ひろゆきよ、お前に使命を与えよう。その使命とは、

9 :天之御名無主:01/10/03 22:02
広大なるネットの海にある種の共同体を作る事だ」

10 :天之御名無主:01/10/03 23:34
ひろゆきはネットの海に行って、何もせずに戻ってきてモナーに言った、

11 :天之御名無主:01/10/04 00:50
「死んだ鯖が浮かんでて、俺のほう睨んでたんだ」

12 :天之御名無主:01/10/04 08:55
結局、誰もいなくなった

13 :天之御名無主:01/10/04 11:17
しかし、ひろゆきはあきらめなかった。

14 :天之御名無主:01/10/04 13:18
モナーを襲ったのである。

15 :天之御名無主:01/10/04 13:20
モナーは痛がった。
処女だったのである。

16 :天之御名無主:01/10/04 13:22
しばらくするとモナーは喘ぎはじめた

17 :天之御名無主:01/10/04 13:24
のもつかの間ひろゆきは逝ってしまった。
早漏だったのである。

18 :天之御名無主:01/10/04 13:34
固く閉じた瞳をひろゆきはゆっくりと開けた

19 :天之御名無主:01/10/04 13:38
こうして大地にひろゆきのザーメンがかかり、
もろもろの生命が誕生した。

20 :天之御名無主:01/10/04 14:09
ひろゆきを恨んだモナーはたくさんの子供を産んだ。

21 :天之御名無主:01/10/04 16:42
モナーが産み落とした子供は108匹

22 :天之御名無主:01/10/04 17:14
長男は暴れん坊で生まれ落ちてすぐに73番目の兄弟を食らった。

23 :天之御名無主:01/10/04 17:39
残った兄弟達は長男をあぼーんし、生き残ったものが各板になった

24 :天之御名無主:01/10/04 18:14
やっぱり、誰もいなくなった。

25 :ネタの預言:01/10/04 19:33
>>40で大洪水が起きる。

26 :天之御名無主:01/10/04 20:18
http://px.a8.net/svt/ejp?a8mat=6JUU4+D3OPU+A0+1NJRXD

27 :天之御名無主:01/10/04 23:37
子供らはギコやウマーなど、各種各様の性格を持っていた。

28 :天之御名無主:01/10/05 00:13
モナーは子供たちに諭して言った、「ひろゆきを

29 :天之御名無主:01/10/05 00:18
ププ

30 :天之御名無主:01/10/05 08:38
そして誰かがつぶやいた「駄スレあげんな…」

31 :天之御名無主:01/10/05 09:52
108人兄弟の53番目がかのオサマ・ビンラディンだった。

32 :天之御名無主:01/10/05 13:48
ラディソはヒゲが怖いので砂漠に捨てられた。

33 :天之御名無主:01/10/05 17:40
砂漠に捨てられ死んだと思われたラディソは息を吹き返し世界を取り巻くほど巨大化した。

34 :天之御名無主:01/10/05 22:59
そしてラディソは久米宏に言った。

35 :天之御名無主:01/10/05 23:02
「民族・地域の優劣の比較は禁止
それは学問ではありません。」と

36 :天之御名無主:01/10/05 23:02
「俺を独りにするなっ! 寂しいんだYO!」

37 :天之御名無主:01/10/05 23:18
ラディソの言う事は一見支離滅裂に見えた。

38 :天之御名無主:01/10/05 23:24
>>35
それは、彼のテロリストとしての意地だった。
その言葉に、みな、奮い立った。    田口トモロヲ

39 :天之御名無主:01/10/05 23:36
そしてラディソは一言残し去っていった。

40 :天之御名無主:01/10/05 23:53
その時、川は氾濫し、大洪水が全てを襲った。

41 :天之御名無主:01/10/06 00:28
預言は的中した。

42 :狂約逝書 創世記 :01/10/06 01:28


元始(はじめ)にひろゆきロビヰを創造(つくり)給へり

2chは定形(かたち)なく曠空(むなし)くして電網の面にあり ひろゆきの
意思電網の面を覆ひたりき ひろゆき掲示板あれと言給ひければ掲示板ありき
ひろゆき掲示板を善(よし)と観給へり ひろゆき名無しと固定ハンを分かち給へり
ひろゆき名無しを名無しさん@と名付け固定ハンを住人と名付け給へり
名無しさん@あり住人ありき 是たまり場固定の首(はじめ)の日なり

ひろゆき言給ひけるは電網の下の電波は一処に集まりて面白き処現れるべしと
即ちかくなりぬ ひろゆき面白き処を電波・お花畑板と名付け電波の集まれるを
厨房!板と名付け給へり ひろゆき之を善と観給へり 是二日なり

ひろゆき言給ひけるは掲示板はネタと話題を生ずるスレツドを地に発出(いだ)す
べしと 即ちかくなりぬ ひろゆきこれを善と観給へり 是三日なり

ひろゆき言給ひけるは電網に良識ありてレスと荒しとを分かち又世のため人の
ために成るべし 又電網に削除人ありてあぽーん機能を司るべしと 即ちかくなりぬ
かくして個人情報を守らし給へり ひろゆきこれを善と観給へり 是四日なり

ひろゆき言給ひけるは掲示板にはオタク饒(さは)に生じ一般人はROMとして
掲示板の上に飛ぶべしと ひろゆきオタクと掲示板に生じて動く諸の生物を
その類に従ひて創造りまた諸のROMをその類に従ひて創造り給へり
ひろゆき之を善と観給へり ひろゆき之を祝して曰く生めよ繁息(ふえ)よ
同人コミケ板に満てよ又アイドル男優板に繁息よと 之五日なり

ひろゆき言給ひけるは掲示板はその類に従ひてガイドライン板と初心者雑学板と
自己紹介板とほのぼの板その他を出すべしと 即ちかくなりぬ ひろゆき之を
善と観給へり

ひろゆき言給ひけるは掲示板はマスコツトを其類に従ひて出し文字と記号と点を
其類に従ひて出すべしと 即ち斯なりぬ ひろゆきマスコツトを其類に従ひて
出し文字と記号と点を其類に従ひて造り給へり ひろゆき之を善と観給へり
ひろゆき言給ひけるは我等に象(かたどり)て我等の如くに我等マスコツトを造り
之に電波とオタクとドキュンと厨房を治めしめんと ひろゆき其像の如くに
マスコツトを創造り給へり 即ちひろゆきの像の如くに之を造り之をモナーと
ギコ猫に創造り給へり ひろゆき彼等を祝しひろゆき彼等に言給ひけるは
生めよ繁殖よ地に満てよ之を服従(したが)はせよ又電波とオタクとドキュンと
厨房と2chに動くところの諸の生物を治めよ ひろゆき其の造りたる諸の物を
視給ひけるに甚だ善かりき 是六日なり

斯2chおよび其全掲示板悉く成りぬ 第七日にひろゆき其造りたる工(わざ)を
竣(をへ)給へり 即ち其造りたる工を竣て七日に安息み給へり ひろゆき第七日を
祝して之を神聖(きよ)め給へり 其はひろゆき其創造なし給へる工を悉く竣て
是日に安息み給ひたればなり

43 :ネタの預言:01/10/06 02:10
>>50で硫黄の雨が降り注ぎ罪深き>>42が滅ぼされる。

44 :天之御名無主:01/10/07 23:43
このスレは終了した。

45 :天之御名無主:01/10/08 00:29
しかし全てが沈んだ海の中からこのスレは蘇った。

46 :天之御名無主:01/10/08 02:39
しかし まわりこまれてしまった。

47 :天之御名無主:01/10/08 21:47
ひろゆきは思った…

48 :天之御名無主:01/10/08 23:10
>>1がそもそもの間違いだったと。

49 :天之御名無主:01/10/09 01:08
このスレをageる者は天罰を受けるであろう。

50 :天之御名無主:01/10/09 08:41
そして予言は成就され、42に硫黄の雨が降り注いだ。42は塩の柱と化した。

51 :天之御名無主:01/10/09 19:06
この出来事以来、人々は自己満足の愚かさを深く胸に刻んだのである…

52 :天之御名無主:01/10/10 08:50
その頃、ギコ57号を葬ったサガー県の猫殺しが牛刀片手にバスに乗り込んだ。行き先は、

53 :天之御名無主:01/10/10 15:45
鯖の海だった。

54 :天之御名無主:01/10/10 16:27
猫殺しはバスに乗り込む前に一つの予言をしていた。それは、

55 :天之御名無主:01/10/10 19:40
自身が阿弖流為2世で原哲夫に惨殺されるということだった・・・

56 :天之御名無主:01/10/10 20:28
自壊していく2ちゃん神話。

57 :天之御名無主:01/10/10 21:01
まず壊れたのは>>56だった

58 :天之御名無主:01/10/11 03:03
壊れるのは一瞬だった。

59 :天之御名無主:01/10/11 08:52
そして猫殺しは巻き込まれて死んだ。猫殺しの最後の一言は、

60 :天之御名無主:01/10/11 09:15
ハイハイ、いったんCM逝きまーす

61 :天之御名無主:01/10/11 12:59
あとは頼んだぞ・・・

62 :天之御名無主:01/10/11 13:51
猫殺しの遺志を継いだDQNは玄倉川で野営していた。

63 :天之御名無主:01/10/11 21:00
その時、川は氾濫し、大洪水がDQNを襲った。
消防の警告を聞かなかったDQNは死んだ。

64 :天之御名無主:01/10/11 21:27
そして誰もいなくなった。>>3に戻る。

65 :天之御名無主:01/10/12 08:58
DQNはダムに流され、神奈川県民はDQN濃縮エキス入りの水を口にした。

66 :天之御名無主:01/10/12 12:42
数ヶ月してからだ、神奈川県民の間で奇妙な疫病が流行りだしたのは。

67 :天之御名無主:01/10/12 12:52
妖怪ハンターともあだ名される、わたし稗田礼次郎は、神奈川県に
広がった奇妙な疫病の調査に出かけた。また常世が関係するのか?

68 :天之御名無主:01/10/12 13:25
(どうも民俗学板の人間はネタというモノを理解できない上神話を知らないらしい。)

69 :天之御名無主:01/10/12 13:55
「まずあなたのすばらしいネタの数々と神話の造詣の深さとやらを
示して頂けないでしょうか?」
みなは言った。

70 :天之御名無主:01/10/12 17:41
その時、天から光とともに天馬にまたがった青年が現れた。
その名は、

71 :天之御名無主:01/10/12 19:51
不動明王。

72 :天之御名無主:01/10/12 23:59
このスレをageた>>60,61,62,65,66,67,69,70に天罰が下り、彼らは塩の柱と化した。

73 :天之御名無主:01/10/13 01:46
しかし彼らは塩になっても活動が可能だった。
彼らはさらにageた。

74 :天之御名無主:01/10/13 02:27
このスレをsageる者は雷によって滅ぼされるであろう。

75 :天之御名無主:01/10/13 02:48
不動明王はこう言った。

76 :天之御名無主:01/10/13 13:21
創業文政十六年 由来は古くなぬのにね
独特技法で捏ね上げた 味はミソ味醤油味・・・ガフッ!

77 :天之御名無主:01/10/13 13:32
喪黒福蔵「ド〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜ン!!!!!!!!!!」

78 :天之御名無主:01/10/13 17:21
>>1のまちがい

出だしを旧約聖書風にした 基本的なコンセプトをなにも提示しなかった 一行に限定した

79 :1:01/10/13 20:11
>>78のまちがい

この世に生まれでた

80 :天之御名無主:01/10/13 20:13
目あるものは見よと主は仰せになった。天は俄かに暗くなった。

81 :天之御名無主:01/10/14 14:59
ひろゆきに何かあったのか?人々は恐れおののいた。そして人々は行動に移った。

82 :111:01/10/14 15:03
http://www.f2.dion.ne.jp/~goldman/

83 :天之御名無主:01/10/14 15:19
ごめん、思いっきり流れ止めて悪いんだが、
もっと正確に定義を決めて仕切りなおした方がいいんじゃないか?
パロにもなってない荒らしや阿呆が多すぎる…
(全部とは言いません)

84 :天之御名無主:01/10/14 16:21
>>78
神話風にしたかったんだろうし、別に問題はなかったと思うし、
一行にしたのだって、無闇に長くされるよりはマシだと思うよ

問題は >>2 のような、後が続かないようなのを書く人がいることだろ

85 :天之御名無主:01/10/14 16:42
これが人類の躓きのはじまりであった。主はお怒りになった。

86 :天之御名無主:01/10/14 16:47
主は預言者を遣わして言わせた。ひろゆきはまことである。預言者は石打にあい殺された。

87 :天之御名無主:01/10/14 16:49
天から光に満ちた方が降ってきて言われた。85よ何故sageない。主はお怒りだ。

88 :天之御名無主:01/10/14 16:51
預言にに恐れおののいた86は、身体に灰を塗り、茨を巻いて赦しを願った。

89 :天之御名無主:01/10/14 16:53
86は赦された。人々は口々に主を称えた。天主に栄光、地のひろゆきに平和。

90 :天之御名無主:01/10/14 16:56
しかしまだモナーはひろゆきに恨みを持っていた・・・

91 :天之御名無主:01/10/14 17:09
スレをsageさせようとする主は偽者だった。
そのことに気付いた人々は懸命にageた。

92 :天之御名無主:01/10/14 17:10
これは神を騙る悪魔と人々の壮絶な闘いとなった。

93 :ななし:01/10/14 18:40
確かに話がつながらない..

94 :天之御名無主:01/10/14 19:53
2001年。「稗田先生、モナーです。これはモナーの仕業なのです。見て下さい、このレリーフを!」

95 :稗田礼次郎:01/10/14 19:56
村の古老は言った。モナーを鎮めるには常世開きの踊りしかないと。隠れキリシタンの多く住むこの村で常世開きとは、これはキリスト復活の再現なのか?

96 :稗田礼次郎:01/10/14 20:10
不可思議な村の古老の舞いが始まると、俄かに壁が揺れだし、モナーのレリーフが床に落ちた。その下
にあったのはアンデレ十字?いや、人類の堕罪の象徴!

97 :稗田礼次郎:01/10/14 20:12
ひろゆき君、この村こそエデンの園の入口なのだ。常世とは即ちエデン!見ろ、あの逆十字を。そしてモナーこそ楽園の番人、つまりケルビン!

98 :稗田礼次郎:01/10/14 20:27
しかし、なぜケルビンが疫病など引き起こす?そうだ、モナーは黙示録の天使でもあるのだ。ならばこの踊りは、キリスト復活ではなく再臨の象徴!常世が開くぞ!

99 :稗田礼次郎:01/10/14 20:30
俄かに洞窟の中が明るくなると、目の前に金色の雲が現れた。あれこそ不可知の雲。聖書使徒行伝に記されたキリストの姿。村の古老は雲の前に跪いた。

100 :稗田礼次郎:01/10/14 20:32
古老が何事かをつぶやくと、立ち上がり突然、炎の柱となった。ケルビム!

101 :稗田礼次郎:01/10/14 20:34
今やケルビムと化した古老は、金色の雲と共に姿を消した。洞窟は再び暗くなり、静寂を取り戻した。

102 :稗田礼次郎:01/10/14 20:37
この後、わたしとひろゆき君は洞窟を後にした。そして、神奈川県で広まっていた謎の疫病も消滅した。/『神奈川県某村での記録』稗田礼次郎/完

103 :稗田礼次郎:01/10/14 21:01
>>93
失われた伝説は明かされた。>>66-67
わたしはまた、常世を探しにフィールドワークに出かけよう。

104 :天之御名無主:01/10/14 23:38
1行でも連続投稿したらリレーの意味がないぞ。

105 :天之御名無主:01/10/14 23:40
主は稗田礼次郎とかいうアホに死刑宣告を下した。

106 :天之御名無主:01/10/14 23:47
モナーはいつになったら∩∩から∧∧になるんだ?

107 :天之御名無主:01/10/15 09:39
モナーはもともと∩∩と∧∧の2種が存在した。∧∧は東へ渡りチョパーリ国を作った。
しかし、∩∩はエデンにとどまった。彼らがエデンを出たのは、

108 :稗田礼次郎:01/10/15 11:28
>>104
畿内で発掘した卑弥呼の宣託「どうせ破綻してんじゃん。」

109 :天之御名無主:01/10/15 11:53
もうだめだな・・・

110 :天之御名無主:01/10/15 13:33
∩∩は時を経て∧∧へと変化していた。すでにエデンはエデンではなかった。
留まったものはそこを世界の中心の華と呼び、去ったものはウリナラ国を作った。

111 :天之御名無主:01/10/16 01:04
http://ebi.2ch.net/test/read.cgi/owarai/1001383978/l50
こんなのが(・∀・)イイ!!

112 :天之御名無主:01/10/17 19:03
ビクッ. ∧ ∧ ∧ ∧   / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
  Σ(゚Д゚;≡;゚д゚) < うお!なんかすごいところに迷い込んじまったぞゴルァ!
     ./ つ つ    \______________________
  〜(_⌒ヽ ドキドキ
     )ノ `Jззз

113 :q^I^pお猿さん ◆wJT1n.IY :01/10/17 22:16
或る日の事通り縋りの吟遊詩人カヅヒ・コシャアが不遜にも、主と対等の地位に立てないものかと塵芥の塔を創った

114 :天之御名無主:01/10/17 22:26
その塔こそゲーマーという人種を誕生させるきっかけとなるドルアーガの塔であった。

115 :西のこと?それなら:01/10/17 22:27
塔の名はイチャ・ンネル。全ての民は愚者の塔を指差して嘲り呆れた。

116 :天之御名無主:01/10/17 23:48
イチャ・ンネルの塔からは強力な電波が発信された

117 :天之御名無主:01/10/18 00:01
| 忍者参上!
   レ-----------
   ∧ ∧
  (@゚Д゚)
 と/ ∀ (つ ―――――((卍))
  (-∞_ブ
  (,/          シュッ シュッ

118 :天之御名無主:01/10/18 09:30
忍者は電波の発信元を目指して通路を進んだ。

119 :天之御名無主:01/10/18 19:31
デムパヲ タドッテユクトチュウ 正義ノ使者ト ゴウリュウシタ

120 :無名修道士:01/10/18 21:27
これこそがバベルの塔である、主は塔と共に人間の傲慢を打ち砕く。

121 :にし:01/10/19 00:03
この板の住人は1ちゃんねるも知らんのか?

122 :天之御名無主:01/10/19 01:42
>>121 『出たな! イチャ・ンネルの雑魚妖怪め 退治してやる』

123 :天之御名無主:01/10/19 08:50
正義ノ使者ハ メ カラ ビーム ヲ ハッシャ シタ

124 :孫正義:01/10/19 11:37
「我が使者よ 良くやった誉めてつかわす」

125 :天之御名無主:01/10/19 16:08
忍者たちは20ペソ手に入れた。

126 :天之御名無主:01/10/19 16:53
忍者たちはさらに上を目指した。

127 :天之御名無主:01/10/19 20:22
ナガクツヅク カイダンヲ ノボッテユクト 

128 :天之御名無主:01/10/20 09:55
一人の美少女が生まれたままの姿で鎖に縛り付けられていた

129 :天之御名無主:01/10/20 12:31
忍者は尋ねた。「そこな娘、なにゆえにかやうな姿でこのやうな忌むべき処に結えつけられている?」

130 :q^I^pお猿さん:01/10/21 08:25
娘は泣きながらに訴えた「己の権勢に酔いしれた私の母、カマキー・コタナが天を愚弄したばかりに」

131 :天之御名無主:01/10/21 09:30
「天上の牢獄から猛り狂った獣が舞い降り暴れています。怒りを静めるために私が生贄に。」ヨウヤクミアイガセイコウシテヨロコンデイタノニ トホホ

132 :天之御名無主:01/10/21 16:25
忍者は答えた。「私は全ての攻撃から身を守る盾、イージスを持っている」

133 :天之御名無主:01/10/22 08:52
ソシテ 正義ノ使者 ハ トクシュケイボウ ヲ モッテイタ

134 :天之御名無主:01/10/23 00:04
ところでその頃

135 :天之御名無主:01/10/23 08:41
ラディソの配下は美国でパイロットの教習中だった。目的は、

136 :名無しの天地創造:01/10/23 18:22
かわいこちゃん探し。パイロットになってもても手になるため。と、ある日、

137 :天之御名無主:01/10/23 19:11
空から何か降ってきた。それは、

138 :天之御名無主:01/10/23 19:20
http://www.f2.dion.ne.jp/~impact14/

139 :天之御名無主:01/10/23 23:29
さて忍者だが、

140 :天之御名無主:01/10/24 00:31
さてラディンだが、

141 :シュテュンプケ:01/10/24 01:24
殉教のため、ハシオクラムへと旅に出た。しかし、そこでは、

142 :名無し:01/10/24 02:13
イザナギノミコトが巨大箸でアリンコをつついておった。そのため彼は、

143 :協力しよう!:01/10/24 02:55
http://topia.yam.com/home/aoiryuyu/pages/no2jiken.html

144 :天之御名無主:01/10/25 02:59
おねしょをしてしまった。尿より生まれませる神の名は、

145 :天之御名無主:01/10/25 09:07
虚無なり!!

146 :天之御名無主:01/10/25 09:08
尿の川のデルタ地帯にも文明が生まれた。その文明とは、

147 :天之御名無主 :01/10/25 10:54
オタク文明。

148 :天之御名無主:01/10/27 11:27
発達したオタク文化はやがて2chと呼ばれる広大な聖地へと成長していき・・・

149 :天之御名無主:01/10/27 19:14
次第にその存在は他の文明の知るところとなる。

150 :天之御名無主:01/10/27 23:22
−−−−−−−−−−終了−−−−−−−−−−

151 :天之御名無主:01/10/28 07:55
−−−−−−−−−−−−−−
という神から発信された電波を私の頭に受信した

152 :天之御名無主:01/10/28 16:04
ひろゆきは次々と神を作った。しかしある時、不遇の神が生まれた。

153 :天之御名無主:01/10/28 16:05
それがペット嫌い神であり、隔離神の始祖神とされる。

154 :天之御名無主:01/10/28 16:06
そして隔離神達の下には厨房鬼達が集った。

155 :蒼き馬:01/10/28 17:19
かむがかる こと挙げしつる かみたちは きてぃがいとぞ いいおはんぬれ

156 :蒼き馬:01/10/28 17:23
と産土神こと挙げしたまい 厨房鬼どもを あぼーんしたまう

157 :天之御名無主:01/10/30 09:36
その頃忍者は娘を抱きかかえてイチャ・ンネルの塔の外壁を懸垂下降していた。正義ノ使者は、

158 :天之御名無主:01/11/02 08:20
やっぱり塔の頂上に引き返した。

159 :It's@名無しさん:01/11/02 10:26
最上階には宝が隠されていたからだ。その宝とは「かちゅーしゃ」だった。
かちゅーしゃとは、

160 :天之御名無主:01/11/02 16:28
かわいそうなかちゅーしゃだった。

161 :天之御名無主:01/11/03 00:59
大学に入っても一人でお弁当を食べてるかちゅーしゃちゃんは
ロケットになってとんでいった

162 :天之御名無主:01/11/04 00:17
長々と続きました一行神話ですが、162回を以て最終回となりました。
長らくのご愛顧ありがとうございました。
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−− 終了 −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

163 :天之御名無主:01/11/04 00:20
>>162はあぼーんされた。
−−−−−−−−続く−−−−−−−−

164 :シュテュンプケ:01/11/04 02:33
・・・「あれ、ここはどこだ?」・・・

165 :天之御名無主:01/11/04 12:24
そこに天皇が降臨した。「我こそは大日本帝国皇帝ヒロヒト・フォン・ジパング」である。

166 :天之御名無主:01/11/04 12:50
シュテンプケさん。ここはランゲルハンス島です

167 :天之御名無主:01/11/04 13:01
「シュテンプケよ、我に跪け」天皇は言った。

168 :天之御名無主:01/11/04 15:27
>>162は去勢された。
−−−−−−−−続く−−−−−−−−

169 :天之御名無主:01/11/04 15:29
>>162は性転換された。
−−−−−−−−続く−−−−−−−−

170 :NASAしさん:01/11/04 15:40
シュテンプケは逆切れし、天皇を激しくボテクリ倒した。怒った天皇は、

171 :天之御名無主:01/11/04 15:44
下半身を露出した。

172 :NASAしさん:01/11/04 15:45
「負けた・・・」シュテンプケはうなだれた。

173 :天之御名無主:01/11/04 16:16
それより聞いてくれよ、と天皇は言った。
「こないだ神話民俗板いったんですよ。そしたらなんか人が全然いなくて寂しい」

174 :天之御名無主:01/11/05 10:43
「で、よく見たらなんか幟が上がってて、神降臨とか書いてあるんです。
もうね、アホかと。馬鹿かと。」

175 :天之御名無主:01/11/05 18:19
「お前らな、神が降臨したぐらいでちょっと興味があった神話板に行く気が失せたとかいってんじゃねーよ、ボケが。
神降臨だよ、神降臨。」

176 :名無しのオプ:01/11/06 08:54
「なんか親子連れとかもいるし。一家4人でコックリさんか。おめでてーな。
よーしパパ,口寄せしちゃうぞー、とか言ってるの。」

177 :天之御名無主:01/11/06 15:29
「もう見てらんない。」

178 :天之御名無主:01/11/06 18:16
妙にフランクな天皇は、意外に好感度高めだった。

179 :天之御名無主:01/11/07 16:15
「お前らな、スクルドに逢わせてやるからたまには民俗・神話学板へこいと。
 民俗・神話板は、もっと学問的に殺伐としてるべきなんだよ。」

180 :天之御名無主:01/11/07 16:37
なんで、スクルドやねん、とシュテンプケは思った。

181 :天之御名無主 :01/11/07 18:44
「そこでまたぶち切れですよ」

182 :天之御名無主:01/11/07 19:16
天皇はスクルドがすきだったのだ。ロリなのだ。

183 :>>181順番違う・・:01/11/07 20:20
「関東関西スレで議論してる奴らといつ煽り合いが始まってもおかしくない、
スレ違いかあぼーんか、そんな雰囲気がいいんじゃね−か。もっと人、集まれ。」

184 :天之御名無主:01/11/08 10:56






185 :天之御名無主:01/11/10 00:27
で、やっと人来たかと思ったら、上の奴が、さくらたんハァハァ、とか言ってるんです。

186 :天之御名無主:01/11/10 00:44
天皇はとりあえず、民俗学板のロゴのキャラクターは、スクルドで行こうと思った。

187 :天之御名無主:01/11/10 08:50








188 :天皇:01/11/11 03:35
そこでまたぶち切れですよ。
あのな、さくらたんハァハァなんてきょうび流行んねーんだよ。ボケが。
得意げな顔して何が、さくらたんハァハァ、だ。

189 :天之御名無主:01/11/14 20:29
「得意げな顔して何が、さくらたんハァハァ、だ。お前は本当にさくらたんハァハァと思っているのかと問いたい。問い詰めたい。小1時間問い詰めたい。
お前、さくらたんハァハァって言いたいだけちゃうんかと。
民俗・神話板通の俺から言わせてもらえば今、民俗・神話板通の間での最新流行はやっぱり、」

190 :天之御名無主:01/11/14 20:41
ゲームネタだよな。板違いと因縁つけられるスリルに震えつつ、如何に民俗学に偽装しつつ
ゲームスレを発展させるか。男の醍醐味だよ。」

191 :天皇:01/11/15 01:02

しかし間違って天皇レスをつけると次からオヤヂにマークされるという危険も伴う、諸刃の剣。

192 :天之御名無主:01/11/22 11:27
まあ、お前みたいな奴には、スクルドあたりがお似合いってこった。

193 :シュテュンプケ:01/12/04 00:45
「うォー」と突然、四凶の一人きゅうきがこおどりした。

194 :天之御名無主:01/12/04 07:33
大漁だ!退寮だ!

195 :天之御名無主:01/12/14 11:38

--------------------------------------------------------------------------------

   | \
   |Д`) ダレモイナイ・・センデンスルナラ イマノウチ
   |⊂
   |


     ♪  Å
   ♪   / \   ランタ タン
      ヽ(´Д`;)ノ   ランタ タン
         (  へ)    ランタ ランタ
          く       タン



   ♪    Å
     ♪ / \   ランタ ランタ
      ヽ(;´Д`)ノ  ランタ タン
         (へ  )    ランタ タンタ
             >    タン

196 :天之御名無主:01/12/19 06:13
そうしてイマノウチは5日ちかく踊りつづけた。

197 :天之御名無主:01/12/23 22:46
踊りつかれて青春も終わりかなとつぶやいた

198 :天之御名無主:01/12/24 00:00
この板の過疎の原因は、こういったネタスレに優良なのがないからだな、と思ったりした

199 :自転車小僧:01/12/24 00:02
でも荒らしが少なくマターリしている住人もいたりする。

200 :天之御名無主:01/12/24 00:39
踊りとは、その民族の体の使い方であり根本である。
日本の踊りの上半身メインも剣術の上半身の重視とかぶる。
ついでに右半身も。マターリ右大上段。

201 :天之御名無主 :01/12/27 14:57
左半身は海上保安庁に追い詰められ、小銃とロケットで応戦したが沈められた。
与那国海底遺跡の近くである。

25 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.02.02 2014/06/23 Mango Mangüé ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)