2ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

 水 金 地 火 木 土 天 海 冥 

1 :名無しSUN:02/02/21 15:04
おまえらどれが好きなんだよ?

2 :名無しSUN:02/02/21 15:09
2?


3 :名無しSUN:02/02/21 15:32
>>1
おれはお前が好きだ

4 :名無しSUN:02/02/21 16:15
それは飛んでしまうギャグだ。
漏れは冥王星。

5 :名無しSUN:02/02/21 17:21
ニビルとクラリオンが抜けてるぞっと

6 :名無しSUN:02/02/21 17:26
>>5 それなーに?

7 :名無しSUN:02/02/21 17:53
>>5
それを言うなら、セレスもパラスもジュノーもヴェスタも抜けてるぞっと。

8 :名無しSUN:02/02/21 17:57
>>4
これはどう見る?
「冥王星はやはり惑星」
ttp://www.spaceguard.or.jp/asute/a26/IMAGE/Image26.html

9 :アルテア:02/02/21 18:32
おれは、海王星だな。
青がいけてるぜ

10 :名無しSUN:02/02/21 18:46
冥王星に住みたい。

11 ::02/02/21 21:16
>>8
いや、困ったなぁ。そのサイトを見てみるか。

12 ::02/02/21 21:27
いやぁー、漏れは初心者のなれの果てなものだから…。どう見るかって言われても…。
返事に窮するな。
遠慮がちな冥王星…
で、「海王…」って名前がちょっと引っかかる。
冥土≒冥王…?逝っちゃいそうな名前で、地球からはるかかなたっていみで
漏れは冥王星を支援する。

でも、そいつが惑星の地位から引きずりおろされたら、ほかの新発見の星に
「冥王星」などと名づければいいのでは?
洋の東西を問わず、学閥・学会?連合はつらそう。


13 :名無しSUN:02/02/21 21:33
>>10
冥王星には反射衛星砲がありますよ。


14 :名無しSUN:02/02/21 21:44
冥王星よりも外側に惑星が見つかったらなんて名前になるんだろう。

15 :ヤハウェ:02/02/21 21:46
君たち、私を忘れているぞ?

16 :バルカン:02/02/21 21:51
オレも忘れるな〜

17 :名無しSUN:02/02/21 23:07
ところで「天王星」「海王星」「冥王星」って和名を付けたのって誰なの?
なかなかいいセンスしてると思うんだけど。

18 :名無しSUN:02/02/21 23:41
>>17
「冥王星」は野尻抱影先生だったはず。
たしかこの名前を決めるときに東大閥と京大閥の間で争いがあったような気が
するが・・・

19 :名無しSUN:02/02/22 00:10
水星〜海王星までは中国語でそうなってるのを日本が輸入。
冥王星は野尻氏の発案(冥王星あるいは幽王星)で、中国でもそれを採用
したと星の手帳に書いてあったはず。


20 :名無しSUN:02/02/22 02:21
いま 教育TVでボイジャーの映像やってるぞ、いま海王星

21 :名無しSUN:02/02/22 06:10
>>12
別に冥王星が惑星でなくなったとしても名前を変える必要は無いのでは?
ていうか既に天文学的には冥王星はEKBOであって惑星ではない、という扱いでは。
歴史的意味のみにおいて惑星という扱いをしていると聞くが。
そもそも惑星の定義は?
EKBOといえば既にセレスより大きな物も発見されたと言うし、
彗星の軌道の研究から火星クラスの大きさのものがあるのではないかとも言われてるし。
>>19
天王星、海王星も中国名から来たのかね?

22 :名無しSUN:02/02/22 11:45
>天王星、海王星も中国名から来たのかね?
と星の手帳に書いてあったと思う。違った?

23 :名無しSUN:02/02/22 12:19
>>13
いまごろガミラスの基地建設中ですぜきっと。
そのうち遊星爆弾も飛んでくるよ。

24 :名無しSUN:02/02/22 13:23
海王星いいな〜

25 :名無しSUN:02/02/22 16:02
漏れは木星かな。
天文が好きになったきっかけも木星だし。それに、デカくてカッケー!

26 :名無しSUN:02/02/22 19:30
>>22
ウラヌス、ネプチューン、プルートがそれぞれ天界、海界、冥界の王であること
から来てるんだと思いますが。

27 :名無しSUN:02/02/22 19:57
つい数年前(たしか1999年2月までだったかな?)の
水 金 地 火 木 土 天 冥 海
がなつかしい。 

28 :名無しSUN:02/02/22 21:16
>>26
??
何がいいたいの?

29 :26:02/02/22 21:28
>>28
>>22の「天王星、海王星も中国名から来た」説への反論ですが?


30 :22:02/02/22 22:32
>「天王星、海王星も中国名から来た」説への反論ですが?
??
Uranus及びNeptuneをそれぞれ天王星、海王星と訳して使い始めたのは
中国です。そして、日本もそれに習い、Uranus、Neptuneを天王星、
海王星と呼ぶことにしました。

その後、新惑星が発見され、西欧でPlutoと名付けられました。
それを日本では最初はそのままプルート(後にプルートー)と呼んでいま
したが、野尻氏が、冥王星あるいは幽王星と呼ぶと、天王星、海王星と
語呂があってよいのではないかと提唱し、冥王星ということばが定着しま
した。
そしてその冥王星という日本で発案された呼称は、中国でも使われるように
なりました。

って書けばご理解いただけるでしょうか?

31 :26:02/02/22 23:03
>>30
了解です。「中国名から来た」への反論、というのは撤回します。

どこで名付けられたかは別にして、名前の由来自体は>>26
正しいのでしょうか


32 :名無しSUN:02/02/22 23:12
>>31
そうだと思います。

33 :21:02/02/23 06:02
どうも俺の書き方がまぎわらしかったのが原因のような気もする…。スマン。

34 :名無しSUN:02/02/23 20:34
ところで「地球」って和名はいつ頃できたのかな。
地球がまるいって事を知らなければこんな名前つかないよね。
やっぱり中国から? それとも「アース・グローブ」の翻訳?

35 :名無しSUN:02/02/23 22:53
>>34
消防のころ織田信長が日本で最初に地球が丸いという事を認識した人だって聞いたような。

36 :名無しSUN:02/02/24 08:28
>>34
どうも中国経由みたいですね。
17世紀初め、イエズス会宣教師が、中国人をキリスト教に改宗させるためには
西洋の天文学の優位性を示す必要があると考え、専門家や書を送り込んだようです。
その際、大地が丸いという西洋の説を、「地球説」と呼んだのが最初ではないかと。

天文学が古くから盛んだった中国では、地球が丸い事もすでにわかっていたはずですが、
元々広大で流動的な宇宙観を持っていた中国の人にとっては、地球の形については
暦や占いほどに重要な事ではなかったようで、そういう言い方への興味も薄かったみたいですね。
むしろ西洋説が入ってきてから古い説が見直されたりしたみたいです。
ちなみに日本では1771年に本木良永という人が『阿蘭陀地球説』という本を書いたりしてます。

37 :名無しSUN:02/02/25 02:35
つい数年前(たしか1999年2月までだったかな?)の
水 金 地 火 木 土 天 冥 海
がなつかしい。 

38 :名無しSUN:02/02/25 04:28
1979年から1999年が冥王星が海王星より内側にいた期間。
公転周期248年中の20年だから、私らはたまたまそういう貴重な時期を
すごす事ができたわけだ。(だからと言って何か変わるわけじゃないけど)

39 :名無しSUN:02/02/25 16:35
>>38
明るさが相当変わるからかなり良い時期だよ。
近日点通過前後の衝の明るさは13.7等あるけど、遠日点通過前後には15.9等。
13.7等が極限等級の口径は24cmだけど、15.9等が極限等級の口径は67cm。
つまり、検出するのに必要な口径が約2.8倍も変わる。良い時期に生まれたもんだ。

40 :名無しSUN:02/02/25 22:33
>>39
ウチの望遠鏡の最大口径は8cmだったかな。
見る機会無く終わっちゃったよ。
…ていうか肉眼で見えるの?

41 :名無しSUN:02/02/25 23:04
地球か。なにもかも皆なつかしい。

42 :名無しSUN:02/02/25 23:11
>>14
魔王星(ルシファー)
雷王星(トゥール)

43 :名無しSUN:02/02/25 23:28
>>14
冥妃星(ペルセポネ)って言うのもあったな。


44 :名無しSUN:02/02/26 16:02
>>40
口径が24cmあれば、13.7等の天体をぎりぎり眼視で検出できるってことだよ。
まあ実際は、極限等級より1等は明るくないと眼視検出は難しいと思うけど。
ちなみに自分が持ってる望遠鏡は90o、極限等級11.55等…
足りねーぞ、( ゚Д゚)ゴルァ

45 :名無しSUN:02/02/28 10:26
さっき調べてたら冥王星は近日点のほうが暗い、とあったんだけどどうなんだろ?
ステラナビゲータで見たら>>39の値とほぼ同じだね。ステラで調べた?

46 :39:02/03/03 16:23
>>45
yes

47 :名無しSUN:02/03/03 16:51
>>45
どうしてなの?
公転軸のズレが関係してるとか?

48 :名無しSUN:02/03/03 18:15
>>47
よくわかってはいないようですが、
近日点では表面の氷が溶けるために黒い地表が現れたため、という説があるそうです。
ソースはアスキー(アストロアーツ編集)の「マルチメディア太陽系図鑑」
天文年鑑を見てみると10年前も今年も14等になってる。ステラの値に近いね。
発見された時点で遠日点より60年以上後だったみたいだし、
発見されてからも70年ぐらいしか経ってないし、どこまで正しいんだろ?

49 :名無しSUN:02/03/10 23:48
NASAが冥王星に探査機を飛ばすという話はどうなってるんだろう?
必要ねーと思うんだが……。
今更惑星だかEKBOだかよくわかんねー星に大金はたいてとばすことねーだろう。
ハッブル望遠鏡でなんとかならんのか?

50 :名無しSUN:02/03/11 04:38
>>49
だってハッブルじゃ模様もろくに見えないじゃん。
目前で撮った写真を是非見たいぞ。俺は。

51 :名無しSUN:02/03/12 00:22
>>50
地球から見るから模様もろくに見えないんだろう?
たとえば木星の軌道あたりまでハッブル望遠鏡もっていて見たら、
大分ハッキリ見えるんじゃないの?

……ド素人の馬鹿な発言でした。 逝ってくる。

52 :名無しSUN:02/03/12 04:26
>>51
御自分で御指摘しておりますが
ハッブルを木星軌道へ持ってくより探査機とばしたほうが
多分安上がり。

53 :名無しSUN:02/03/13 00:36
>目前で(冥王星を)撮った写真を是非見たいぞ。

禿同!……しかし……、
今から探査機飛ばしたとして、地球〜冥王星って何年かかるんだ?
10年位前に見たテレビの特番で、「地球〜天王星まで2年足らずで探査機を飛ばす」って
方法論を紹介してたけど、あの時の方法が実現可能だとしても5〜6年はかかるよな……。
やっぱりボイジャーで探査してりゃよかったんだよ……。あの時……。
トリトンなんて、ほっといてさ!

54 :名無しSUN:02/03/13 04:39
>>53
NASAの計画では打ち上げから到達まで確か8年かかるはず。
>トリトンなんて、ほっといてさ!
禿同。
でも確かトリトンもEKBOの特徴をもってる、とかいう話だっけ?
冥王星撮ってみたら、トリトンとそっくりだったりして…。

55 :野崎:02/03/17 16:05
もう金星が夕空にみえてる。みんな気づいてるかな。
4〜5月に惑星が夕方並ぶ。20年ごとにそんなになってイカレタのが世界の終わりと騒ぐ。
1982年春の惑星直列騒動。そのまえは1962春。これは惜しい。秋といってればキューバ危機を当てたのに。
次はどの時代に行ってみようか、モグモン。

56 :名無しSUN:02/03/17 18:35
>>55
2月23日に初確認したよ。雑談スレに書いたけど、あの時はうれしかったなぁ(ぉ
まあ惑星が集合するだけで世界の終わりと喚くのはいつの時代にもいるもんだし…

57 :名無しSUN:02/03/17 23:33
そうか……1982年の惑星直列から20年経つんだね……。
あの頃は、消防だったので素直にノストラダムスを信じてた……。(藁
その前に「復活の日」という映画があって、その世界滅亡の年が
1982年だったので、「絶対この年には何かおこる」と思ってた。

今じゃ惑星直列もグランドクロスも雄大な天体ショーだな。(藁

58 :名無しSUN:02/03/19 05:48
しかし同じ方向に惑星が集中して見えるのは
オカルトさんたちの言う惑星直列とは違うのでは?

13 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.02.02 2014/06/23 Mango Mangüé ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)