2ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

もし光よりも速く動く事が出来たら

1 :名無しSUN:02/04/04 00:08
地球から遠ざかることによって、過去の地球を観測できるんじゃありませんか?
これって凄くない?

2 :名無しSUN:02/04/04 00:11
もし光よりも速く動く事が出来たら、
光より速く遠ざかる地球を観測できるとお思いですか〜?

3 :名無しSUN:02/04/04 00:12
過去に地球から発せられた光を追い抜いていくという形になるのかしら

4 :名無しSUN:02/04/04 00:15
光速度不変の法則から学習し直せ

5 :名無しSUN:02/04/04 00:19
光子ロケット?を超える乗り物か〜 出来たら凄いねー

6 :名無しSUN:02/04/04 00:20
>>4
タイトルにもしもって書いてあるじゃん

7 :4:02/04/04 00:26
>>3 を忘れたです。ハイ。
すまそ。たしかにあのままじゃ単独レスに見えるな。
ちなみに光速度不変の法則は、光の速度は超えられないぞ理論とは全く関係ない話だぞ。

8 :名無しSUN:02/04/04 00:34
>>7
ねぇ もし超えられたらの話なんだけど(息抜き程度の話)
どう見えるんだろ 光速以上の速度で地球から離れて
地球を振り向いたら(観測機器は考えないで)

9 :名無しSUN:02/04/04 00:42
もし、光速以上で動いているものが存在可能なら、
実際にそいつらは宇宙を飛び交ったり、オバQみたいに地球をすり抜けたりしてるんだよ。
ヤマトでいえばワープだな。
何故かって?
光速以上で飛行するものがあって何らかの方法で観測可能なら、
こんなに宇宙は広いんだから1つは見つかってるはずだろ?
でも現実にはどんなにがむばって観測しようとしても、
今まで観測できていないんだよ。
だからもし光速を超えられたとしても、超えた船からみた地球はやはり
観測不可能なんだよ。

10 :名無しSUN:02/04/04 00:47
>>9
光速以上の速度で一定時間進んで 停止したとしても?(もしもの話)

11 :名無しSUN:02/04/04 01:01
う〜む。光を超えたって瞬間からSFだからなぁ。
どうなるの?とか聞かれても、科学的な解凍は難いが、
それなら自分が出発したよりも過去の地球を見ることになるんかな?
(カンで回答してるだけだが)
でも、過去を記録して戻ってきたときに、地球が何年後になってるか?
なんて、アインシュタインな理論では説明不能な問題が…
SFとかではウラシマ効果とかいって何万年も経っているけど、
なんせ光を超えちゃってるんだから、ほとんど時間を食わずに戻って
これるぞって言っても、だれも否定できん。

12 :10:02/04/04 01:23
>>11
まず (-_-)ゴメンナサイ
私は物理学・天文学はほぼ素人です
興味があるだけで・・・
だからこんな質問できたのかもしれません
ただ安心したのは11さんの様な柔軟な考え方(空想)
を出来る方が専門知識を持っている人の中で居たからです。


13 :11:02/04/04 02:06
いやなに、かまわんさ。
俺もSF好きから物理学に入ったクチだからなぁ。
「光を超えることが可能ならば」などというドラえもん並の強引な前提が
あるところがSFチックで良いのでは?と思った。
あとはいかに現存の物理学を取り入れるかだな。
じゃないとSFじゃなくてただのFになっちまうからな。

14 :名無しSUN:02/04/04 10:37
つーか、光速以上で遠ざかると地球からの光がロケットに
追いつけないので観測不能。

15 :名無しSUN:02/04/04 11:27
振り返るのではなく前方を向けばいいのでは?


16 :名無しSUN:02/04/04 15:02
エーテル信者ハケーン

17 :名無しSUN:02/04/04 17:26
過去の姿を観測することのどこが凄いことなんだろう?
遠くの星に対して日常的にやっていることなんだけど
ってゆーかアンタが見つめてるディスプレイも1nsecほど過去の姿だけど凄いの?


18 :名無しSUN:02/04/04 17:48
よく今見てる星の光は……万年前の光だ!って主張してる人を見かけるけど、
何に対して過去だって言ってんだろうね?
等時性崩壊の原理からしてお菓子下な表現だ。

19 :18@自己レス:02/04/04 17:55
「等時性」っていうと振り子の話じゃねーか。
「同時刻の相対性の原理からしておかしい」の間違いだったよ。

20 :名無しSUN:02/04/04 18:28
>>18-19
離れた2点で情報伝達に時間がかかること

大きな相対速度を持つ2つの系で同時刻がずれること
を混同してないか?
「今見てる星の光は……万年前の光だ」ってのはまさに前者の話
同時刻の相対性は後者だよ

光速近くで遠ざかってる宇宙の果て近くの天体についてなら同時刻の相対性が
問題になるけど、数万光年くらいなら宇宙膨張効果はほとんどないので、
(典型的な固有運動の速度程度なら)同時刻の相対性はほとんど問題にならない


21 :名無しSUN:02/04/07 03:03
前を見ながら、フィルム逆回しのような地球が見えるのかな???
どうなんだろう?
でも、このスレのタイトルが「もし光速を越えたら」じゃないのに感心した

22 :名無しSUN:02/04/07 03:11
たしかにスレタイは間違いではないな。
チェレンコフ光を撒き散らしながら走ってみるか…

>数万光年くらいなら同時刻の相対性はほとんど問題にならない
同時性についての新見解ハケーン。
まぁ、たしかに特殊相対論の同時性については理解しにくいのは確かだけど…

23 :20:02/04/07 05:26
>>22
>同時性についての新見解ハケーン
アフォか。AとBの相対速度が0でないときに、Aから見た同時の事象が
Bから見たら同時でなくなることが同時刻の相対性だ。
たとえ何万光年離れていても、相対速度が0なら、Aから見た同時の事象は
Bから見ても同時。

>まぁ、たしかに特殊相対論の同時性については理解しにくいのは確かだけど…
その言葉、そっくりそのままお返しするよ

もう一度聞くが
離れた2点で情報伝達に時間がかかること

大きな相対速度を持つ2つの系で同時刻がずれること
を混同してないか?


24 :春厨:02/04/07 14:25
実効質量age

25 :名無しSUN:02/04/07 18:24
光よりも速いものなんかいっぱいある。
人間がそういうものを想像すればいいんだ。
目をとじて、想像してごらん。
光の粒子よりも速く飛ぶ自分を。

そう、それでいいんだ。

26 :名無しSUN:02/04/07 23:36
ワープで思い出したが。
波動砲をすっご〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜く遠くから観測したら
光がのろのろ進んで行くのが見えるのだろうか?

27 :名無しSUN:02/04/07 23:48
過去の地球を観測する一番現実的な方法はどこかの天体(氷衛星?)に反射して跳ね返ってきた光を観測することかなと考えたりする
それが1億光年先にあれば2億年前の地球の画像が捉えられるかも

28 :名無しSUN:02/04/08 00:01
鏡を光の速度の3/4の速度で打ち上げます。
10年後には15年前のことが見えるようになります。

29 :名無しSUN:02/04/08 09:41
10年後に2〜3年後のことが見えるだけのような気がするが…

30 :名無しSUN:02/04/08 09:42
>>26
なんでもタキオンは光速を超えるらしいです

31 :名無しSUN:02/04/08 13:35
光より速く移動するものは観測できないだけで存在するかもしれんが、
光より速く移動している自分を観測することは絶対に不可能だ。
なぜなら、光より速く移動している自分からは、
やはり光速度が不変に観測されるからだ。
鼻先にぶら下げた人参を食おうとひたすら走っている馬を連想させるな。

32 :名無しSUN:02/04/08 14:23
松本匡史

33 :名無しSUN:02/04/08 16:15
過ぎてしまった過去を見る方法。

田代まさしに連絡できれば、もしかしたら過去の自分がビデオに
録画してあるかもしれません。
光速超えるより、有り得る話です。

ただし、記録があったとしてもトイレ・風呂場など場面が限定されているでしょう。

34 :中松義郎:02/04/08 16:43
それだっ!

35 :名無しSUN:02/04/08 21:19
なんというか、光より速く動けばそりゃ過去の地球が観測できるだろう。
それは別に凄くないのだ。
すごいのは、光より速く動くこと自体だ。

36 :いいね:02/04/09 00:17
>>もし光よりも速く動く事が出来たら

好きな人の・・・を・・・きます。

37 :名無しSUN:02/04/09 01:41
>>31
なにわけわかんないこと言ってんのあんた

38 :カール・セーガソ:02/04/09 02:28
ここで光速の90%の速度で地球から遠ざかりながら観察すると、どのように見えるか考えてみましょう。
光の90%のスピードを出したところで、やはり地球から発した光は必ず光の速さで自分に届きます。
ただしスローモーションのように観測されることでしょう。
ここからは物理学の範囲外の話になってしまいますが、もし100%に達したとしたら時間とともに止まってるように観測されてしまうでしょう。
さらに110%に達したと仮定してみると、地球から出た光が光の速度で観測されるなんてことが
果たして考えられるでしょうか?
光より速く移動している物体の光は観測されないと考えるのが打倒でしょう。

39 :名無しSUN:02/04/09 03:18
例えば音だったら、過去の音の速さを超え追い抜けば、その音を聞けるよね?(無理なのか?)
光にはそれも無理ってこと?

まぁ、無理どっちにしろ、色んな解釈ができるよなぁ・・・

40 :名無しSUN:02/04/09 06:18
>>39
素人ですが、何か悟ったような気がする。
もっとも、誰かが、
>過去の音の速さを超え追い抜けば、その音を聞けるよね?
光にはそれも無理ってこと?
これが、無理でなければの話ですがね。


41 :名無しSUN:02/04/09 09:01
>>38
110%の状態で観察するんじゃなくて、ある程度光追い越してから、
止まって観察すれば、追い越した分の光が届くでしょ?
それを見ると過去の姿じゃないの?

42 :名無しSUN:02/04/09 09:08
でも、まともに考えたら過去の姿が見えるだけで何も旨みは無い・・
タイムマシンの考えとは違い、その出来事に何か手を出すことが
できるわけじゃないから、

ビデオカメラで撮って置けばいいだけの話。。

やはりマーシーは神

43 :名無しSUN:02/04/09 11:11
光より速く動けないってのはせいぜい太陽系に対しての相対速度の話だろ。
太陽系に対して光の90%で移動している宇宙船の慣性系からみれば、
前方に光速度の10%の壁なんて無いはずだ。
少なくとも、その宇宙船内で光速度はやはり不変だろうということが
光速度不変説の証明実験で明らかにされているからだ。
ただ問題なのはこの船が太陽系の慣性系からみて100%を
超えちまった場合とか、再び減速して0%に戻ったりしたら、
太陽系から見てどうなるかを扱える物理学がまだ無いんだよ。

44 :名無しSUN:02/04/09 19:52
みなさん。相対性理論をちゃんと勉強してでなおしましょう。
ちなみに、私はわかっちゃいません。(w

45 :名無しSUN:02/04/18 02:19
>43 特殊相対論では速度の足し算が非線型になります。
こういってもわからんだろうけど(w

特殊相対論の世界では通常我々が生活している感覚とはかなり違っていますから、
日常の感覚そのまま適応してもだけですよ。

もちろん、特殊相対論で慣性座標系の相対速度が光速にくらべて十分におそくなりますと、
特殊相対論のままで我々日常の感覚的な捕らえ方で問題なくなりますが…

つまり、我々が日常感覚的に感じているニュートン力学では適応範囲が限られ、
素粒子レベルや相対速度が大きくなったり、強力な相互作用力が働く場合には
適応できなくなります。

だから、>44さんのおっしゃられているように、勉強して特殊相対論を勉強してからじゃないと
非難してもオカルトか馬鹿扱いされるだけですよ。

ちなみに、私は大学3年で場の古典論を習いましたが、非常に感動しました。

46 :名無しSUN:02/04/26 14:54
>>45
準光速での時間の進み方が遅くなったり、長さや重さやエネルギーが変わったりするのは、
我々の慣性系から見た相対的な姿がそうだってだけだよ。
逆に我々を観測している宇宙船が幾ら高速移動したからといえ、我々の形状が変わったり
時間の進み方が変わることなどを我々自体が考える必要がないのは自明だ。
それは我々に観測されている宇宙船の乗組員とて同じ立場だよ(←これは相対論の大原則)
そして宇宙は狂ったような大きさなのに比べると光の速度は氏ぬほど遅いよ。
現実に宇宙を飛び交っている高速物体を、我々の慣性系からの相対的な姿でしか
考えようとしないのは、現代の天動説信者といっても過言では無いでは無いか?

47 :名無しSUN:02/04/26 15:01
>>46 はぁ?おまえ何が言いたいの?

>現実に宇宙を飛び交っている高速物体を、我々の慣性系からの相対的な姿でしか
>考えようとしないのは、現代の天動説信者といっても過言では無いでは無いか?
はいはい、貴方は自分と違う座標系を相対的ではなくて絶対的な姿でも
考えることができる、現代の超魔術信者といっても過言ではないことはわかったからさぁ。

48 :名無しSUN:02/04/26 15:19
あふぉーですか?
宇宙船を中心とした相対でも考えようとすることがなぜ絶対的ですかー?
地球を中心とした相対でしか考えないあなたこそ絶対的な姿でも
考えることができる、現代の超魔術信者だぞー。

49 :47:02/04/26 15:38
マジレスしておこうか、
>46
>準光速での時間の進み方が遅くなったり、長さや重さやエネルギーが変わったりするのは、
>我々の慣性系から見た相対的な姿がそうだってだけだよ。
まぁ、いいよ。エネルギーが引っかかるけど。
>逆に我々を観測している宇宙船が幾ら高速移動したからといえ、我々の形状が変わったり
>時間の進み方が変わることなどを我々自体が考える必要がないのは自明だ。
まぁ、自明だわね。
しかし、宇宙船から見た地球がどうなっているかの考察が足りない。
>それは我々に観測されている宇宙船の乗組員とて同じ立場だよ(←これは相対論の大原則)
そうそう、良いところに気がついたね。(って誰でも気づくんだけど)

これが、かの「双子のパラドックス」なのだよ。
(双子のパラドックスって時間が伸びることと勘違いしている人がいるけど違うんだ。)

人のサイトで恐縮だけど、図で説明されているので紹介しとくよ。
ttp://homepage1.nifty.com/tac-lab/intro.html

残念だけど、>46 君の理屈では特殊相対論は覆せないんだよね。

50 :名無しSUN:02/04/27 03:31
光より速く進んだらチタマが逆回転します

51 :名無しSUN:02/04/27 07:20
チタマが逆回転したら時間も逆戻り。
死んだ恋人も何食わぬ顔して生き返ります。
(C)スーパーマン


52 :名無しSUN:02/04/27 09:10
ただし、死んだ恋人は光の世界の中だけ生き返ります。
逆回転しても幻という罠

53 :名無しSUN:02/04/28 04:22
age

54 :名無しSUN:02/04/28 20:19
0から光速に達するまで、人体に影響がない程度の加速を
(旅客機程度)
与えた場合、どの位の時間がかかりますか。
どなたか計算してみてください。


55 :名無しSUN:02/04/29 01:33
>54 いくら時間をかけても無理です。何故なら光速には達しません。
光速の99.9999999999999999999999999999999999999999%になっても、
絶対に100%になりませんから(w

SF的手法を使うのなら別だが…

56 :名無しSUN:02/04/29 01:40
それは、速度0の時の慣性系からみて100%に達しないってだけだろ。
加速してる方には速度を上げるための障害は一つも無いよ。
…で答えだが、いくら加速しても光速の1%にも達することは出来ないよ。
加速したところで加速後の座標系でやっぱりあらゆる方向に光は100%の速度で進んでるからだ。
(音速を超えた旅客機の中で普通に話せるのとヤヤ似てるかも)

57 :名無しSUN:02/04/29 01:53
っていうか質問は1gくらいで宇宙船の外が、まるでとまてる
ような状態になるまで船内の時計でどれだけかかるか
という質問だろ?

58 :名無しSUN:02/04/29 02:03
>56 まず、私がいる慣性座標系をA、加速していた慣性座標系をBとします。
特殊相対性原理は慣性座標系でなりたつもので、加速度系の場合は一般相対論を
用いなければなりません。

>それは、速度0の時の慣性系からみて100%に達しないってだけだろ。
まず、AからみてBが光速の100%に達することはないとご理解いただけているようなので
割愛します。

特殊相対性理論の原理となるのは光速度不変の原理です。
どのような慣性座標系から見ても、光速度はCの一定値をとるというものです。
これは原理で何かから証明できませんが(1+1=2みたいなもの)
さまざまな実験により、かなりの精度で確かめられています。

慣性座標系Bについて考えましょう。
慣性座標系Bからみた光速度はもちろんCです。
そして、慣性座標系からみた慣性座標系Bのスピードは0つまり
まったく光速には近づいてもいないのです。

速度という概念は、2つの対象物が必要です。

ま、たぶん、今度は加速度系でないと云々とか言ってくるでしょうが、
一般相対性理論はちゃんと勉強していませんので、(だって、大学院でしかも素粒子系がならうんですもん)
わたしでは説明できませんのであしからず。

ま、中学生がいくら相対性理論を音波なんかと比較したところで、
もともとの根本理論が違うのですからそういう思考実験をしても無意味ですよ。

59 :58:02/04/29 02:09
>56 スマソ勘違いしていました。逝って来ますわ

60 :名無しSUN:02/04/29 02:20
いや君はいいヒントを暮れたぞ!
>速度という概念は、2つの対象物が必要です。
これだ!ここで較べている2つの対象物、それは
光と加速している観測者自体の2つだ。
この2つの相対速度はあらゆる状況で C という値以外ありえない。
つまり>>1が立てた仮定が光速度不変の原理からして矛盾しているのだぞ。
そんな仮定下でどうなるかという議論をすること自体が不毛。
------------------------------------終了------------------------------------

61 :名無しSUN:02/04/29 07:03
>>56
何言ってんのこの人

62 :名無しSUN:02/04/29 18:49
なるほどー>>ALL
地球から見た宇宙船の速度がどんな風に見えようが、
宇宙船の乗組員にとっては知ったこっちゃねぇ
ってことだね!

63 :名無しSUN:02/04/29 23:19
>62 そのとおりです。しかし、その宇宙船が地球のある慣性系に対して減速して、
着陸したときには、別の問題が発生します。
理由は加速や減速をすることによって生じているのですけどね。

64 :名無しSUN:02/04/30 00:12
イパーン相対性理論による時間のズレ分など大した差では無い

65 :名無しSUN:02/05/01 14:48
>64 誤解しているようだけど、いわゆる双子のパラドックスで
宇宙船に乗った双子の片割れが、地上に残ったほうより年を取らないのは、
一般相対性理論による部分ですよ。
(特殊相対論では説明がつかないから一応パラドックスになっているだけ)
宇宙船と地球が共に等速運動をしている場合は、ともに違う座標系が
自分よりも遅く時間が流れているように見えているだけ。
(その辺のことは>58さんの読めばわかるかも、どんな慣性座標系も光速度Cから
 みれば、とまっているのだから)
つまり、双子のパラドックスの場合、宇宙船にのった方の双子が
加速度系にいることによって、次々と違う慣性座標系に乗り換えていったのに対し、
地球に残ったほうは1つの(本当は地球は公転も自転もしているから違うのだけど)
慣性座標系にずっと張り付いてた違いがあるために、時間の流れ方が違ってしまった。

宇宙線由来のミューオン(ミュー中間子)が地上から見て長生きするのも
宇宙線が地上とほぼ同じの慣性座標系に存在する元素にあたって、
ミューオンが生成される際に、光に近いスピードに加速されることによってと、
その後、観測装置ないで検出される過程において、地上の慣性座標系と
やり取り(減速)を行うために生じている。

まぁ、いいんだけどね。ちゃんと理解してなくても
(物理学科で電磁気学2の試験さえうけなければ、関係無いといえば無い)

66 :名無しSUN:02/05/04 11:23
>>65
>一般相対性理論による部分ですよ。
違います。特殊相対論で説明可能なことです。
加速度運動は特殊相対論では全く扱えないとか思ってませんか?


67 :名無しSUN:02/05/04 11:27
>>65
↓↓↓この説明も間違い
>宇宙線由来のミューオン(ミュー中間子)が地上から見て長生きするのも
>宇宙線が地上とほぼ同じの慣性座標系に存在する元素にあたって、
>ミューオンが生成される際に、光に近いスピードに加速されることによってと、
なんかμができた直後は静止していてそれから加速されるような説明だな。
μは始めから光速に近い速度を持って生成される


68 :名無しSUN:02/05/04 11:31
>67 空気分子にあたってからね。

69 :名無しSUN:02/05/04 11:45
πの崩壊でできるんじゃないの?
空気分子にあたっていきなりμができるのは弱い相互作用だから分岐比小さそう


70 :名無しSUN:02/05/04 11:49
>>67 まぁ、これでも読んで落ち着けや.
ttp://www.gem.hi-ho.ne.jp/katsu-san/audio/twin_paradox.html


71 :名無しSUN:02/05/04 11:54
>>70
それを読むべきは65ではないですか?
まさに特殊相対論による説明ですよ。


72 :名無しSUN:02/05/04 11:56
結局、64と65は
64=特殊相対論に等価原理を用いることで加速度系に適応することをいっていて、
65=特殊相対性理論の慣性座標系の乗り換えでの時間遅延についていっているので
結局同じではと言ってみるテスト

73 :名無しSUN:02/05/04 11:59
また、>71がなんか書くと期待してみるといってみるテスト

74 :66=67=71:02/05/04 12:03
>>65
>特殊相対論では説明がつかないから
ってのは間違いでしょ、という指摘のつもりだったけど、引用部を間違っちゃった。
その後の双子のパラドックスの説明は確かに同じことを言ってる

でもミューオンの説明は完全に間違い


75 :名無しSUN:02/05/04 12:04
「言ってみるテスト」をつけないと自分の意見も言えないような奴はカエレ!

と言ってみるテスト



76 :名無しSUN:02/05/04 12:08
前々から、悩んでいるネタを一つ

瞬間移動が可能なら過去に遡ることが可能なんじゃないだろうか?

Aさんが次のような運動をした場合

1.地球から光速の80%の速度でアンドロメダ大星雲方向に移動開始
2.1秒後に(Aさんの主観時間で)に地球方向に0.6光年(Aさんの主観距離で)瞬間移動
3.瞬間移動後に、地球と相対速度を0にする。
4.地球と相対速度を0にした後、地球に瞬間移動する。

私の計算では、出発時点より0.4年前の地球に到着すると思うんですよ。

どう思います?


77 :73:02/05/04 12:08
>74のカキコが的中したことに喜んでみるテスト
>75 オマエモナーと言ってみるテスト

78 :名無しSUN:02/05/04 12:12
>76 タキオン粒子(超光速粒子)が因果律を破るということは
大昔から言われています.だから、瞬間移動でなくても超光速なら
可能です.(タキオン粒子を用いる場合は未来から過去に情報を送ることが出来る)

でも、>76のレスから、ESPの話に派生することは、天文気象板として避けねばならない
と言ってみるテスト


79 :76:02/05/04 12:22
>78

どうもすいません。

あんまり、その分野の議論を知らなかったものですから、
自分がナンセンスなことを考えているのかなーって悩んでたんですよ。

安心しました。

80 :名無しSUN:02/05/04 13:40
バカでもわかるようなせつめいをしてください
たとえば光速にちかづくふぉど、しつりょうはぞうかするとか

81 :名無しSUN:02/05/04 13:44
質量はローレンツ不変量です。したがって変化しません。


82 :名無しSUN:02/05/05 01:09
もし、無限に重力に従って落下し続けることができたら、光速に達するのか。。
ツマラン疑問ですまそ。。

83 :名無しSUN:02/05/05 01:18
スピードが増えるにつれて質量が増えます。(相対性理論ってやつね)
で、光速に達することはないです。
しかし、そんな重力は存在しないだろうけど。

84 :名無しSUN:02/05/05 03:27
同時に時間の進み方が遅れるので速度(=移動距離/時間)は永遠に光速度に達しません。

85 :名無しSUN:02/05/05 12:59
質量はローレンツ不変量です。したがって変化しません。


24 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.02.02 2014/06/23 Mango Mangüé ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)